toggle
所沢市斎場|川越斎場|川越市民聖苑やすらぎのさとでのご葬儀受付
2019-01-08

喪中・忌中の人は初詣に行っても良いのか?

新年明けましておめでとうございます。
本年も精一杯お努めさせて頂きます。
皆様方宜しくお願い申し上げます。

さて年末年始で多かったご質問で、
「喪中・忌中に初詣は行っても良いのか?」
「喪中と忌中の違いは?また期間はいつまでなの?」
というのがありましたのでご説明致します。

まず喪中の意味と期間に関してですが、
仏教(お寺)神道(神社)共に一年と言われたりします。
しかし実際には正式には期間は決まってなく、
ご遺族が悲しみを乗り越え、明日を生きると気持ちを切り替えた日までが
喪中になります。

忌中とは家族や親しい人の死を悲しみ慎む期間であり、
仏教(浄土真宗以外)は亡くなった日から49日です。
神道では最大50日になります。

初詣に行っても良いかに関してですが、
忌中の間は一般的にはお祝い事・行事に出来るだけ関わらずに慎んで
過ごします。
神道(神社)では死とは穢れ(けがれ)と考えられ、
それを神社に持ち込むのは良くないと言われていますので
忌中の間は行くのは控えるようにしましょう。

しかし、仏教(お寺)では正月に故人・ご先祖様へ
新年の挨拶をする考えや風習が残っており、喪中・忌中でも
お寺にお参りするのは問題ないとされております。

まとめますと、忌中の期間は神社での初詣は控えて、
お寺でしたら忌中や喪中であってもお参りしても大丈夫とされています。

喪中

こちらの記事もご覧ください。