toggle
所沢市斎場|川越斎場|川越市民聖苑やすらぎのさとでのご葬儀受付
2017-10-28

弔辞を読む時のマナーをご紹介

弔辞を頼まれたら、快く引き受けましょう。文章は、1,200字程度で3分が目安です。
故人に語りかけるつもりで、訃報を聞いたときの驚きや悲しみを自分の言葉で素直につづり、生前のエピソードを織り込みながら故人をしのび、感謝の言葉を述べます。
宗教によりお悔やみの言い回しが異なるので、事前に確認し、適切な表現を使うよう気を付けましょう。
巻紙に薄墨を用いて毛筆でしたためるのが正式ですが、白無地の便箋・封筒を使用しても構いません。

こちらの記事もご覧ください。